霊園やお墓を建てる際の基礎知識について

今すぐお墓が必要でなくともいずれは必要になる時が必ずやってきます。
その時のために霊園とお墓を建てる際に必要となる基礎知識を説明していきます。

神奈川の霊園について詳しく知りたいならこちらです。

まずは墓地の形態についてですが3種類に分けられ、民営霊園は宗教法人や公益法人が管理運営する墓地であり、特徴として宗教に制限が無いや遺骨がなくても利用できるなどがあり、メリットとしては数が多く立地や環境などで好みの選択ができることなどがあります。次に寺院墓地の場合は寺院が管理運営する墓地で寺院の境内にある墓地のことをいい、購入の際にはそのお寺の檀家になることが求められますが法事や葬儀にお寺の施設を利用することができるなどの利便性や依頼すれば読経、供養してもらえるなどの安心感があります。

公営霊園は都道府県や地方公共団体が経営している墓地のことをいい、宗教を問われないことや管理体制がしっかりしていること、比較的価格が安価なことなどが理由で人気がありますが、募集数に対して希望者が多く入手に際して抽選を行うケースが多いため、申し込みの際も住所、遺骨の所持などの制限があるのが一般的となっています。

お墓の種類には先祖代々のお墓と個人のお墓の二種類があり、主流は先祖代々のお墓ですが核家族化やライフスタイルの変化に伴い個人墓や夫婦墓をたてる方が増加してきています。具体的な種類をあげると、先祖代々を祀り子孫へと継承していく家族墓や2つの家を1つのお墓で祀るための両家墓、個人あるいは夫婦ふたりが一緒に入るための個人墓、夫婦墓、またお墓を受け継ぐ方がいない方などを祀るための永代供養墓といった種類があります。